MIHIRAKI ALBUM(見開きアルバム)

MENU

ぱっと見の印象がぐっと良くなる写真の切り抜きパターン5連発

ラボからこんにちは、伊藤です。(ひょっこり)

思い出帳やスクラップブックには、やっぱり写真をたくさん貼りたいですね。
そのまま貼り付けてもいいのですが、複数枚貼る時はやっぱり変化をつけたいところ。
そこで、今回はページが楽しくなるような写真の切り抜きパターンをいくつかご紹介します。
どれもハサミひとつでできるものばかり。ぜひお試しください。

もくじ

  1. トリミング
  2. いろんな形でトリミング
  3. シルエットで切り抜き<
  4. ペープサート風ざっくり切り抜き
  5. 飛び出し切り抜き
  6. まとめ

今回はこの写真を使います。

秋の公園の楽しい笑い声が聞こえてきそうな一コマです。
写真は写真ACさんから
ではさっそくジャキジャキ切っていきましょう。


1.トリミング


トリミングとは余分を取り除くこと。ポプラの背景は余分と言ってしまうには惜しいのですが、子供を引き立たせたいのでぐぐっとトリミングしてみました。
あんまり大胆なトリミングは、子供の顔しか写ってないみたいなハメになるので、よっぽどの意図がない限りは、適度に背景が写り込むくらいの大きさにしておきましょう。


2.いろんな形でトリミング


円形に切り抜いてみました。チャーミングなイメージが引き立ちました。
円形以外にも、正方形だとinstagramっぽくできますし、雲の形やハートマークも簡単に切り抜けます。
きれいに切り抜くポイントは、ボールペンなどで下書きしてハサミを使って切ること。意外にもカッターは曲線を切るのに向いていないんです。
余った部分も同じ形に小さく切って、写真の周りにちりばめたりできますよ。


3.シルエットで切り抜き


いきなり難易度があがりました。
普通のはさみやカッターで切れないこともないのですが、筆者はデザインナイフを使って切ることが多いです。
人物を切り抜くコツは、髪の毛の1本1本にこだわりすぎない。切り抜きのシルエットがかわいくなるようにざっくり目に切ること。
あんまりにも細かく切るとスクラップブックに貼り付けられなくなってしまいます。


4.ペープサート風ざっくり切り抜き


今度は難易度が下がりました。
カジュアルな感じがかわいらしい、手作り感のある切り抜きです。曲線に合わせるのではなく、あえてカクカクに切ったほうがそれっぽいです。
これも細部にこだわらずにシルエット重視で切りましょう。


5.飛び出し切り抜き


切り抜くのは一部分でもいいんです!!
まるで写真から飛び出してきたかのような効果が得られます。切り抜きは被写体に沿って丁寧に、直線側は定規を引いてまっすぐ切りましょう。


まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は基本的な写真の切り抜きテクニックを5つご紹介しましたよ。
スクラップブックの次の1ページでさっそく使っちゃいましょう!

ケガしないようにね〜

ライター